一般社団法人明石観光協会

明石の酒

明石の酒

明石の地酒を楽しむ

明石の地酒

明石では、300年以上も昔から酒造りが行われ、明治期の全盛を迎えた頃には、江井島あたりにたくさんの酒蔵が建ち並んでいました。 現在でも、播磨の大地が育てたおいしいお米と、六甲山系最西端の清らかな水から生まれた極上の地酒が、その味を伝え続けています。 せっかく明石を訪れたのだから…この地が生み出した最高の美酒を味わってみてください。

 

明石酒類醸造(株)

 

新鮮でおいしい魚がとれることで有名な明石の地にちなんで命名された『明石鯛』は、淡白な魚料理に合うように丹精を込めてつくりあげたお酒です。2006年、ブリュッセルで開催された、国際味覚品質審査会...

 

岩井酒本店

 

岩井酒本店グループも創業以来100年余りが経過。「龜太朗」は酒米(五百万石)から購入し、灘の銘酒・瀧鯉・木村酒造に造りはお願いいたしました。 純米吟醸酒は冷や、又はヌル燗で、...

 

江井ヶ嶋酒造(株)

 

大吟醸神鷹は、主役の料理を邪魔しないように…との配慮から、香りはあえて控えめ。それでいて、このお酒があるからこそ、料理の味が引き立つという名脇役ぶりは、まさに神技!...

 

太陽酒造(株)

 

天保10年から続く江井ヶ島の小さな酒蔵です。兵庫県産山田錦の純米吟醸以上の無濾過原酒を、甑・木槽を用いた昔ながらのやり方で醸造しています。(...

ページの先頭へ戻る