一般社団法人明石観光協会

ロマンがいっぱい!明石歴史探訪。

明石歴史探訪

ロマンがいっぱい!明石歴史探訪。

1.地名の由来 「 赤石伝説 」

赤石伝説

昔々、神出雄岡山(現在の神戸市西区神出町)に仲の良い狩人の夫婦が住んでいました。ところがある日、夫は、小豆島に住む美女に恋をしてしまいました。 それからというもの、夫は毎日毎日鹿の背に乗って海を渡り、美女の元に通い続けていました。 妻はこうした夫の姿を見て、悲しみに明け暮れていましたが、ある夜、夫が死ぬ不吉な夢を見ます。 あくる日も夫が小豆島へ出かけようとしたので、妻は「災難に遭うかもしれませんから、今日は行かないでください」と必死に引き止めました。 しかし、夫はそんな妻を振り切って、いつものように鹿に乗り出かけてしまいました。 ちょうど、林崎の沖合いに差し掛かった頃、丘の上にいた狩人が海を渡る鹿を見つけ、矢を放ちました。 鹿に矢が命中し、夫も鹿と共に溺れて死んでしまいました。この死んだ鹿の血が赤い石となって海中に沈み、ここから「赤石」→「明石」の地名が起こったと伝えられています。

寄り道コラム

赤石の標柱

赤石川(東松江川)の辺りに「赤石川と赤石」の標柱が立っており、2008年8月27日に、水深約2.5m、約130mの沖合いに赤石が確認されています。大きさは縦約1m、横約1.7m、高さ約0.7m。表面は海草などで覆われていますが、岩肌は赤い。1987年の調査では「赤石」の正体は黒御影石と判明しています。(明石市調査による。) 江戸時代から戦前までは「赤石見」と言われ、船に乗って赤石を見物したとか。かの豊臣秀吉も三木合戦の後、見物に立ち寄ったと伝えられています。また、この赤石が「明石」の地名の由来として有名ですが、他にも様々な説があり、潮流のある土地を意味する説や「明るい土地」説、海岸の土が赤っぽい「赤磯(あかし)」説などがあります。

2.柿本人麻呂 (かきのもとのひとまろ)

柿本人麻呂-歌碑

あまさかる ひなの長道ゆ恋ひ来れば 明石の門より大和島みゆ

明石海峡の風景をこよなく愛した、万葉を代表する歌人。はるか遠くの西国から都へ帰る途中に、明石までたどり着いた喜びを詠った歌として広く知られています。
人麻呂は宮廷歌人としてだけでなく役人の職を担っていたため、都と地方を行き来し、何度も明石海峡を旅したこともあって、万葉集には明石大門(明石海峡)を詠んだ叙情豊かな歌が数首おさめられています。
柿本神社の境内には歌碑が建てられています。

3.菅原道真 (すがわらのみちざね)

菅原道真-石碑

駅長無驚時変改 一栄一落是春秋(駅長、驚くなかれ、時の変じ改たまるを 一栄一落これ春秋)

醍醐天皇のもとで右大臣まで出世した道真が、政敵の策略により九州・大宰府へ左遷されてしまいます。大宰府へ下る途中、明石の駅家(うまや)で宿をとった際、同情を寄せる駅長に語った言葉です。
太寺2丁目に石碑があります。書は「明石名勝古事談」の著者、橋本海関(はしもとかいかん)によるものです。

4.平 忠度 (たいらのただのり)

両馬川遺跡の石碑 忠度塚

源平の合戦で戦死した、平清盛の末弟で非業の最期を遂げた風流の武人として有名。一の谷の合戦で源義経の奇襲にあい、西へ敗走した忠度は、追ってきた源氏の武将・岡部六弥太忠澄と明石の両馬川で一騎打ちになりました。 忠度は右腕を斬り落とされ「もはやこれまで」と念仏を唱えながら静かに首をはねられたと伝えられています。
山陽電車「人丸前駅」周辺には両馬川遺跡の石碑や右腕を祀る腕塚神社、忠度を祀る忠度塚などがあります。

5.宮本武蔵 (みやもとむさし)

武蔵の作といわれる庭園

生涯六十数回の生死を掛けた闘いで一度も敗れた事のない伝説の剣豪。 明石城主・小笠原忠真の家臣として城下の町割り(都市計画)を担当し、経済や軍事を考えたまちづくりを進めました。かつて城内に設けられていた広大な庭園「樹木屋敷」をはじめ、寺院の庭園設計を手がけたといわれ、 善楽寺円珠院や本松寺では、武蔵の作といわれる庭園を見ることができます。また、後の「二天一流(二刀流)」につながる独自の剣の流儀「円明流」をあみ出したのも、明石滞在中のことと伝えられています。

6.小笠原忠真 (おがさわらただざね)

徳川家康の曾孫。2代将軍徳川秀忠の命により、明石藩の初代藩主として元和3年(1617)に、信州松本から明石の船上城に入りました。 西国への備えとして翌々年から明石城の築城を始めています。城下町や港の整備も着々と進め、城主17代・明治維新までの約250年間にわたって繁栄する近世明石の基礎をつくり上げました。町民の願いを聞いて地子銀(地税)を免除するなど、城下の繁栄のための施策もすすんで行っています。茶の湯や陶芸、絵画などに造詣が深い趣味人でもありました。 寛永9年(1632)、九州小倉へ転封となりました。

7.松尾芭蕉 (まつおばしょう)

松尾芭蕉-句碑

元禄元年(1688)、門人の杜国とともに近畿遊歴の途中、明石を訪れました。
この時須磨に宿泊し、明石夜泊と題した「蛸壺や はかなき夢を 夏の月」の名句を残しています。 明和5年(1768)に人丸山に句碑が建てられました。

8.梁田蛻巌 (やなだぜいがん)

梁田蛻巌-お墓

江戸時代、大名の間では「明石に過ぎたるものに、儒学の蛻巌、砲術の六兵衛、馬術の源八」と言われていました。 蛻巌は新井白石らとともに「正徳の四家」と言われるほど有名な学者でした。明石藩お抱えの儒学者として「景徳館」を開設し、藩士子弟の教育にあたりました。 日富美町の本立寺にお墓があります。

9.坂本龍馬 (さかもとりょうま)

龍馬の和歌をあしらった風呂敷

うき事を 独明しの 旅枕 磯うつ浪も あわれとぞ聞

龍馬が勝海舟の下、神戸の海軍操練所で活躍していた文久3年(1863)頃に、舞子砲台を訪れ、「左海屋」という旅館に泊まった時に詠んだものといわれています。 「明し」は「明石」と「夜を明かす」の掛け言葉になっています。 当時、舞子は、明石藩(今の明石市と神戸市垂水区周辺)の領内で外敵に備えるため幕命で砲台が築かれました。 旅館も何軒かあったようです。
明石観光協会では、龍馬の和歌をあしらった風呂敷を販売しています。1枚1,850円です。

10. 橋本海関、橋本関雪 (はしもとかいかん、はしもとかんせつ)

嘉永5年(1852)、明石の儒学者の家に生まれました。17歳の時に明石藩校で教鞭に立ち、20歳の時には漢学者として全国的に知られるようになりました。 「明石名勝古事談」など数多くの著作を残しました。長男は昭和初期の日本画の巨匠・橋本関雪です。 市西部の二見町には関雪の別荘であった「白沙荘」が残っています。

11.中部幾次郎 (なかべいくじろう)

中部幾次郎-銅像

一代で我が国有数の水産会社「大洋漁業 マルハ」を育てあげました。明石市の出身です。
魚の棚の林兼商店の家業を継ぎ、発動機船や冷蔵船による魚の運搬などを考案、成功を収めました。
南極捕鯨にも取り組み大いに活躍しました。
人一倍ふるさと明石を愛し、多額の寄付を通して明石の発展に寄与しました。
明石公園の入口に銅像が建っています。

12.船橋栄吉 (ふなはしえいきち)

牧場の朝-歌碑

ただ一面に立ちこめた 牧場の朝の霧の海・・・

小学校唱歌の名曲「牧場の朝」の作者として知られている明石出身の作曲家。東京音楽学校(現東京芸大)の声楽科教授で、 大正から昭和にかけて活躍しました。 大観町の善楽寺戒光院に葬られたことから境内に「牧場の朝」の歌碑が建てられています。

13.寺島紫明 (てらしましめい)

寺島紫明-記念碑

美術界で「深水・紫明」といえば美人画の代名詞です。寺島紫明は明石市の出身です。 昭和45年、77歳で描いた「舞妓」が日本芸術院恩賜賞を受賞、紫明芸術の完成をみた代表作となりました。 樽屋町の生家前に記念碑が立っています。

14.菅原明朗 (すがはらめいろう)

昭和初期に、日本で初めてフランス楽派の流れを取り入れた作曲家で、明石市の出身です。 慶応大学のカレッジソング「丘の上」やオペラ「葛飾情話」、交響詩「明石海峡」などを作曲しました。 服部正や古関裕而など多くのすぐれた作曲家を育成しました。

15.稲垣足穂 (いながきたるほ)

稲垣足穂-代表作

大正から昭和にかけて新感覚派・SF作家として頭角を現し、伊藤整や佐藤春夫、芥川龍之介などから絶賛されました。 7歳の時、大阪から祖父母が住んでいた明石へ移り、明石第一尋常小学校へ転入、幼児期を過ごしました。 関西学院卒業後、上京して創作活動に入りました。何度となく明石へ帰省したため、神戸や明石を舞台にした作品を数多く残しています。 代表作として人丸山の茶店で執筆した「星を売る店」のほか、「チョコレット」や「一千一秒物語」、「明石」などがあります。

16.直良信夫 (なおらのぶお)

昭和6年、八木の海岸で人骨の化石を発見しました。しかし当時の学会では、日本には旧石器時代がない、という考え方が主流であったため認められませんでした。 戦後、東京大学の長谷部教授が原人の腰骨と判定し、「ニッポナントロプス・アカシエンシス」と命名。 明石原人として知られるようになりました。

17.柏木ふさゑ (かしわぎふさえ)

柏木ふさゑさん

明石市連合婦人会 初代会長
柏木ふさゑさん
(明石市市民生活部 女性・生活課 発行
「あかし女性物語」 より)

明石市連合婦人会の初代会長。市内の幼稚園児から「母の日はあるのに、どうしてお父さんの日はないの?」と尋ねられたことをきっかけに「父の日の表彰」行事を始めました。 この催しが兵庫県下で知られるようになり、県連合婦人会では昭和28年に「父の日」の制定を決議しました。
“父の日のルーツは明石” といわれる所以です。

18.高畠 華宵 (たかばたけ かしょう)

高畠華宵-高畠華宵展

大正から昭和初期にかけて、挿絵画家として活躍しました。少年倶楽部など多くの雑誌に掲載され、全国の少年少女から絶大な人気を得ました。 縁あって魚住町の福祉施設・愛老園で晩年を過ごしました。人情豊かで風光明媚な明石のまちが気に入った画伯は創作活動に励み、昭和40年には市立天文科学館で名作回顧展を開催しました。 作品は、故郷・愛媛県の「高畠華宵大正ロマン館」で展示されています。

ページの先頭へ戻る