一般社団法人明石観光協会

神社・仏閣

神社・仏閣

 

上ノ丸弥生公園

 

通称、遺跡公園。文化博物館からこの公園の辺りに古墳時代後期につくられたと考えられる上ノ丸貝塚がありました。バカガイやイタボガイ等の貝類の他に、弥生土器や、蛸壺形土器、須恵器、獣骨片、...

 

上ノ丸教会

 

明治39年にアメリカからやってきた宣教師クーパーがプロテスタントの上ノ丸教会をつくりました。現在の会堂は昭和55年に改修されたもので、ヴォーリズ建築事務所(旧八尾政と大丸心斎橋店など設計)...

 

亀の水

 

人丸山から湧き出る霊水です。播磨三名水の一つで、かつて「長寿の水」とも言われていました。ここにある手水鉢は常陸国の目明し・飯塚喜兵衛宣政が寄進したものです。

 

大聖寺

 

明治末期に、本松寺の檀家である三国茂三郎がこの一帯に梅林をつくりました。当時は「三国梅林」と呼ばれ、それは美しかったそうです。そして、明治41年に日露戦争の戦死者や祖先を祀るために、...

 

妙見社

 

「谷の妙見さん」と呼ばれ、ツツジの名所として有名です。本松寺が船上から移転されてきたときに、石田三成の家臣の島左近の守本尊であった妙見大菩薩玄武像が寄進されたのが妙見社の始まりとされています。...

 

明石神社

 

9代明石城主松平直常が松平家の先祖の徳川家康、松平直良、直明の霊を祀ったのがはじまりで、元々明石城内にありましたが、明治32年に現在地に移転されました。...

 

月照寺

 

人丸山上の月照寺は、元和4年に明石城築城に伴って、柿本神社とともにこの地に移ってきました。柿本神社の別当として歌人だけでなく朝廷からも崇敬を受け、寺内に国の重要文化財に指定されている「...

 

本松寺

 

元禄4年に明石藩家老斉藤甚左衛門が中心となって、船上にあった本正寺をこの地に移してきたと言われています。貞享3年の明石城主松平直明の黒印状には「本松寺」とあるため、...

 

柿本神社

 

地元では「人丸さん」として親しまれている柿本神社は、歌仙・柿本人麻呂を祭神としています。学問・文学の神様として崇敬されているだけでなく、「人麻呂」の名から「ヒトマル」→「火止まる」...

 

長寿院

 

天文科学館のすぐ南にある長寿院は明石城藩主の菩提所です。本堂の前の石灯篭と屋根瓦の葵の紋に、このお寺の歴史と威厳を感じます。第8代藩主松平直明の父、松平直良が越前(福井県)...

ページの先頭へ戻る